ポーランド レポート2018 軍事施設跡編

オスフカ地下施設チェコとの国境に近く、平原の国ポーランドにしては山がちな地域に、ナチスによって作られた地下施設の1つ。いくつかの見学コースがあり、今回私たちはエクストリームコースを選んでみました。何がエクストリームかというと、岩肌にくり抜かれた入口を入るとすぐ足元はツルツルの

ポーランド レポート2018 宗教関係編

シフィドニツァ平和教会日本のガイドブックでは結構取り上げられていますが、ポーランド本国では数ある教会の1つくらいの扱いで知らない人も多いというこのプロテスタントの教会。看板もあまりなかったので、Googleナビが大活躍でした。冬季に開いていると確認はしていたものの、実際着いて

ポーランド レポート2018 ボレスワヴィエツ編

昨今大人気のポーランド陶器。その代表的な町がヴロツワフの西にあるここボレスワヴィエツ。町に入る道路には陶器の絵が書かれていて、まさに陶器の町。幹線道沿いにもスーパーの隣にも陶器ショップがあります。今回は、マヌファクトゥーラという工場を見学させていただきました。工場見学のルール

ポーランド レポート2018 ヴロツワフ編

水の都ヴロツワフ。欧州文化都市に選ばれたりもして、最近注目が集まっている町です。実際、町ではあちこちで建設ラッシュのような雰囲気でした。この町を有名にしているのは、ここが妖精さんの町だからです。・・・って本当ですよ?街中には妖精さんがいたるところにいて、妖精世界への出入り口ま

ポーランド レポート2018 クラクフ編 シンドラーの工場跡

ポーランドの京都ともいわれる古都クラクフ。今は観光客でにぎわうヴァヴェル城は、第三帝国時代にはこの地方のナチス本部が置かれた歴史もあります。そんなクラクフのWW2時代を良く描いている映画といえば、スピルバーグの「シンドラーのリスト」があります。街の南西部のユダヤ人街は、映画の

ポーランド レポート2018 ワルシャワ編 WW2関連

ワルシャワはポーランドの首都ですから街の規模も他に比べて格段に大きく見どころも沢山ありますが、今回のテーマのWW2に沿ったスポットをいくつか取り上げてみます。ワルシャワに数ある博物館でも訪れたかったのがここ・ワルシャワ蜂起博物館。誤解を恐れずにいえば、世界史やWW2の中で見れ

ポーランド レポート2018 グダンスク編

この街を訪れたかった理由は、やはりここが東欧の民主化運動の始まりですし、ポーランドの歴史の中でも特別な意味を持つ街だからです。「ダンツィヒ」のドイツ名で何度も本の中にも出てきますし。まず最初に訪れたのは、今回のテーマ「ドイツ第三帝国・第二次世界大戦(WW2)」にベストマッチな

ポーランド レポート2018 古城ホテル編

ポーランドには素敵なお城が沢山残っていて、中には宿泊ができるところもあります。今回は2箇所に泊まってみました。クションシュ城ここはお城そのものに宿泊ではなく、隣接する昔使用人が住んでいた棟に3つのホテルがあります。今回、私たちは中でも最もグレードの高いホテルクションシュのスタ

モルドバ 視察レポート2017 4/5日目

沿ドニエストル共和国 トランスニストリアモルドバのウクライナ側に、沿ドニエストルといわれる、いわゆる未承認国家があり、モルドバの実効支配の及ぶ範囲が限られており、ロシアの影響力が強い地域です。ガイドのマリアさんいわく、平和維持軍がいるものの、ロシアの管理下であるそう。1992