Home > バルカン半島・東欧 > スロベニア

スロベニア

スロベニアはEU内で4番目に小さく四国ほどの広さですが、多様性に溢れています。インフラや経済も安定していることから、2004年に旧ユーゴスラビア諸国でも最も早くEUに加盟し、通貨はユーロに統一されています。
世界で唯一国名にラブ(愛)が入っていることから、キャッチコピーは“I FEEL SLOVENIA”。スロベニアの愛を感じてみてください。

スロベニア共和国 基本情報 | スロベニアを含むツアー例はこちら

面積20,273平方Km(四国と同じくらい)
人口200万人
首都リュブリャーナ(約28万人)
時差日本より8時間遅れ(サマータイム時は7時間)
言語スロベニア語
宗教カトリックがほとんど。他にはセルビア正教・イスラム教など
ビザ観光・商用目的で90日以内の滞在ならビザ不要。旅券残存期間は3ヶ月以上
気候山岳部を除くと、主に大陸性・地中海性気候。旅行のベストシーズンは5~9月
その他詳細はこちら

みどころ(観光地情報)|★=世界遺産|写真はクリックで拡大します

リュブリャーナ

1991年スロベニアのユーゴスラビアからの独立に伴う十日間戦争の影響をほとんど受けず、独立を達成したスロベニアの首都となりました。こじんまりとした街ながら様々な様式の建築が点在する中心にはリュブリャニツァ川が流れ、丘の上にはリュブリャーナ城があります。 町のシンボルはドラゴンで、リュブリャーナ城の塔の最上部や竜の橋にも描かれています。

ポストイナ鍾乳洞

ビフカ川の10万年もの侵食により形成された、スロベニア南西部のクラス地方(カルストの語源)にあるヨーロッパ最大・全長27kmの大鍾乳洞で、世界でも第3位の規模を誇っています。鍾乳洞内部はトロッコ列車と徒歩で観光します(約90分)。
鍾乳洞の中には、ここでしか見られないという類人魚・ホライモリ(Proteus Anguinus:両生類)が住んでいます。洞窟という環境への適応のため、目はすっかり退化し、1年程の絶食には耐えられ、寿命は100年程度といわれています。

洞窟城(プレドヤムスキ城)

ポストイナ鍾乳洞の近郊、高さ123mの切り立った崖に建つ、印象的な外観の城です。
建造は12世紀頃で、16世紀頃に建て替えられ今の姿になったといわれます。内部には蝋人形とともに領主と臣下の部屋や、崖と一体化した拷問部屋などがあります。
夏には、城の背後の洞窟内の見学や、16世紀に行われた騎士道大会に基づいた「エラスムス騎士道大会」も開催されます。

シュコツィアン鍾乳洞 ★

スロベニアで唯一の世界遺産シュコツィアン鍾乳洞は、全長5km、幅230mで、そのうち約2kmを徒歩で見学できます(ポストイナのようなトロッコはありません)。
見どころは地底を流れるレカ川の侵食による深さ200m以上、長さ約6kmの地下渓谷で、迫力満点です。 崖には昔の探検家の残した足場やロープが今もそのまま残り、観光地化されたポストイナとはまた違った、本来の鍾乳洞の姿を感じられることでしょう。
また周辺はハイキングコースが整備されているので、スロベニアの自然も楽しめます。

ピラン

アドリア海の奥・イストラ半島の付け根にある港町で、ピラン湾やトリエステ湾に面しています。様々な列強の支配を受けたため、街には中世の建築物や文化的な遺産が豊富に残っており、中でも、ヴェネツィア共和国の影響を最も強く受けたため、市庁舎に描かれたヴェネツィア共和国のシンボル「有翼のライオン」や、サンマルコ広場にあるような鐘楼など、ヴェネツィアを彷彿させるものが多くあります。
ピランは「塩の町」とも呼ばれ、土産物屋では色々な種類の天然の塩が売られており、5月には塩作りのシーズン到来を祝う「塩祭り」が開催されています。

ブレッド湖

リュブリャーナの北西約35km、ユリアン・アルプスにあるエメラルドグリーン色の氷河湖で、「アルプスの瞳」という愛称で有名です。湖にはスロベニア唯一の自然の島ブレッド島が浮かび、小舟で10分程度で渡れます。小舟を降りて99段の階段を登ると、希望の鐘で知られる聖マリア教会があり、鐘を7回鳴らすと幸運が訪れるといわれます。 湖北岸には高さ130mの断崖にそびえ立つ11世紀建造のブレッド城があり、現在は歴史博物館となっています。湖南岸には、ユーゴスラビアの大統領チトーの夏の別荘があり、第二次世界大戦の様子が描かれた大広間など当時の様子が残っており、現在はホテル・ヴィラ・ブレッドとして営業しています。

トリグラフ国立公園、クランスカゴーラ

スロベニア北西部にあり、国土の約4%(大雪山国立公園の約3.5倍)を占める広大な国立公園で、園内には国内最高峰のトリグラフ山(2864m)や、ブレット湖の3倍の大きさのボーヒン湖など、美しく雄大な山岳景観や自然が楽しめます。クランスカ・ゴーラはトレッキング・登山コースの基点の街としてのみならず、国内屈指のスキーリゾートとして知られ、一年を通して楽しめます。

ソチャ渓谷、コバリド

ソチャ渓谷はトリグラフ国立公園の一部で、ターコイズ・ブルーのソチャ川(イタリア語でイゾンツォ川)は、スロベニア西部からイタリア北東部にかけて流れ、アドリア海に注いています。
ソチャ川流域は、第一次世界大戦中の1915~17年、イタリア軍とオーストリア軍の激戦地となり、1917年10月のカポレット(現・コバリド)の戦いでついに終結するも、一連の戦いで、100万人以上の兵士が命を落としたといわれます。
この戦いはヘミングウェイの小説『武器よさらば』でも描かれており、コバリドの街には、この戦いとヘミングウェイをテーマとした博物館があります。

リピツァ

リピツァはスロヴェニア南西部・イタリアとの国境の近くにあり、有名なオーストリア・ウィーンにある、古典馬術を現代に伝える組織馬術・スペイン乗馬学校で活躍している白馬、リピツァナーの生育で有名な街です。
白馬の成育と訓練の様子を間近に見ることが出来るだけでなく、種馬が訓練の成果を披露するパフォーマンスも行われています。

オトチェツ

スロベニア南東部・クルカ川の東岸にある街です。川に浮かぶ島には、15世紀に建てられたといわれているオトチェツ城があり、現在はホテルとして利用されています。

カムニク、ヴェリカプラニナ

リュブリャーナの北東約23km、山々に囲まれカムニシュカビストリツァ川が刻む谷間にある小さな街で、近郊のカムニク・アルプスの山々、ヴェリカプラニナ、カムニスカ・ビストリツァの集落、植物公園、温泉地や、国の自然遺産に指定されている全長7km、幅250mのロガルスカドリナ谷などへの拠点となっています。
旧市街には11~13世紀に建造・増築されたマリグラード(小さな城)や、ザプリツェ城があり、現在は郷土の歴史や文化に関する博物館になっています。

プトゥイ

スロベニア北東部・マリボルから約20kmのドラバ川沿いにあるスロベニア最古の都市の一つで、その歴史は石器時代に遡ります。
街を見下ろす丘の上には中世にハンガリー人の侵入に備えて建造されたプトゥイ城があり、現在は郷土の歴史や文化に関する博物館になっています。
毎年冬には1960年から毎年開催されているスロベニア最大規模の冬のカーニバル「クレント祭」があり、11日間に渡り民族パレードや音楽コンサートなどが行われます。

マリボル

ドラヴァ川とポホリエ山地が重なるところに位置するスロベニア第2の街で、旧市街には中世からの大聖堂や市庁舎、マリボル城などが残っています。
この地方はワイン作りが盛んで、ギネス世界記録に登録されている樹齢400年以上を誇る世界最古のブドウの木からは、現在でも毎年ワインが作られています。

イドリヤ ★

イドリヤ イドリヤ ボビンレースイドリヤ水銀山は、鉱夫の住居や古い劇場などの建造物も見られる非常に珍しい場所であるばかりでなく、世界最大規模の水銀産出場所として近年まで利用されており、何世紀にも渡って行われたヨーロッパとアメリカの大陸間貿易の証としても知られます。2012年には、ユネスコの世界遺産にも登録されました。ゲヴェルクニック城や博物館では鉱山をより深く知るとともに、この地のもう1つの名産であるボビンレースの展示も見られます。

Topへ戻る

スロベニアを含むツアー例

下記は一例です。このままでご旅行いただくもよし、様々なアレンジを加えて、あなただけのオリジナルなスロベニアツアーにすることも可能です。

  • 旧ユーゴ全7カ国+アルバニア周遊 14日間

    bih_イメージ01_ユーゴパスポート

    旧ユーゴスラヴィアを構成していた7つの国すべての見どころを、一度で巡ります。「7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字からなる1つの国」といわれるユーゴスラヴィアの、モザイク模様を肌で感じることでしょう。さらに独自の路線であったアルバニアも周ります!全行程、専用車での … 続きを読む

  • 旧ユーゴ7カ国周遊 この目で見る歴史の旅 22日間

    yu_yugoslavia_flag

    旧ユーゴスラヴィアを構成していた7つの国すべての見どころを、じっくりと一度で巡ります。7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字からなる1つの国」といわれるユーゴスラビアの、モザイク模様を肌で感じることでしょう。旧ユーゴ、西バルカン地方にご興味がおありの方にオススメのプ … 続きを読む

その他のバルカン・東欧ツアー例はこちら

(注:地名表記等については、弊社の政治的見解によるものではありません。)

Topへ戻る

ご相談・お問い合わせ

  

スロベニアガイドブック

スロベニア政府観光局

スロベニア地図
クリックで拡大します

スロベニア観光地情報
★=世界遺産

東欧 各国情報

バルカン・東欧ツアー例

関連書籍


facebookでお得情報配信中 世界のおみやげ屋 宅配 トラベルカレンシーカード