スレブレニツァ

ボスニア東部・スルプスカ共和国に属する塩の採掘と温泉を産業の中心とする小さな町ですが、この街の名はそれ以上に、「スレブレニツァの虐殺」として知られています。これは、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中の1995年7月、スルプスカ共和国軍によって推定8,000人のムスリム人が殺害されたとされる大量虐殺事件で、第2次世界大戦以後ヨーロッパ最大のジェノサイド(2004年、オランダ・ハーグの旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(ICTY)にて認定。しかしこの認定には議論もあり)といわれています。

スレブレニツァの北西約6kmのところにあるポトチャリには、スレブレニツァ虐殺記念館・碑・墓地があります。建設費用は600万ドル(うち100万ドルがアメリカの寄附)で、2003年9月20日に開設され、アメリカ元大統領ビル・クリントンが立ち会いました。集団埋設地から発掘される虐殺被害者の遺体は、セルビア人勢力が事件の隠蔽のために埋設地の遺体の場所を次々に移し変えたため不完全なものが多く、手や足など、体の一部のみが見つかる事例が多いといわれます。DNA鑑定によってそれら遺体の身元が特定され、埋葬に十分な量の遺体の各部分が集まると、毎年7月11日にポトチャリの記念館で埋葬が行われます。

関連するツアー一覧

バルカン半島

バルカン歴史の旅 チトーとパルチザン編その1【講師・添乗員同行】⇒延期

チトー専用であったブルートレイン乗車や、チトーの料理人であった方のレストランでの食事、ウスタシャによる犯罪の調査員の話を聞いたりなど、ご出発日限定の内容が充実したスペシャルツアー!パルチザンの重要拠点となった地方をめぐると、当時の戦いの様子が思い描けることでしょう。

バルカン半島

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ じっくり感じる旅 7日間【添乗員同行 or 個人旅行】

世界遺産の美しいオスマン橋のあるモスタルやヴィシェグラード、キリスト教の聖地メジュゴーリエ、ボスニア紛争の跡を目にするスレブレニツァやヤブラニツァなど、文化・宗教・人種などの十字路にあるボスニアならではの、パッチワークのように多彩で様々な見どころを、じっくりとめぐるプラ

¥282,700~¥327,400

バルカン半島

バルカン半島専門店で行く初めてのクロアチア・スロベニア+ボスニア+モンテネグロ8日間【添乗員同行 or 個人旅行】

初めてのスロベニア・クロアチアや、バルカン半島・旧ユーゴの旅ならこれ!人気の2カ国に加え、通常、オプショナルツアーで訪れることの多いボスニアのモスタルと、モンテネグロのコトルもあらかじめ行程に含まれた、一筆書きで無駄のないゴールデンルートの4カ国1週間ツアー!。バルカ

¥428,900~¥544,800

バルカン半島

チトーゆかりの地を巡る!マニア向けこだわりの旅

旧ユーゴスラビア終身大統領JosipBrozTitoに関連のあるスポットをまわります。歴史に興味がある方におすすめです。弊社お勧めのチトーゆかりの地6箇所を組み入れた9日間のプランです。プリトヴィツェ国立公園やドブロブニクなど、メジャーな観光地をめぐるご旅行とは

オーダーメイドのため、お客様のご希望により料金が異なります