コプリフシティツァ

ブルガリアで一番初めに「美術館都市」と宣言した町です。 交通の要所にあるため、古くから商業が栄え、19世紀のブルガリア民族復興期に、当時の人々が競って美しく建てた様々な建築様式の家々が今でもそのまま残っており、そのうちの6軒が保存され、公開されています。
1876年の4月蜂起(英語版)の中心となった町の一つでもあり、民族音楽祭が開催される街でもあります。

関連するモデルツアー一覧