タテヴ修道院

「アルメニアで最も美しい」と称されるタテヴ修道院は9世紀に建造され、宗教施設として主教座が置かれるだけではなく、科学、宗教、哲学などの教育を行う、中世アルメニアにおいて重要な教育施設としても知られ、最盛期には600人もの修道士が暮らしていたとされます。
南部の街ゴリスから車で約1時間ほどの山奥にあり、今日では2013年に開通したギネス認定の世界最長(5,752m)のロープウェイで行くことができ、深い渓谷の上を渡るロープウェイからは、周囲の素晴らしい景色も眺めることができます。

関連するツアー一覧