デチャニ修道院【世界遺産】

末期ビザンチン・ロマネスク建築の傑作デチャニ修道院は、14世紀半ばにセルビアのステファン・デチャンスキー王のために建てられ、同王の霊廟でもあります。 この地域における末期ビザンチン・ロマネスク建築を代表する重要な建物で、バルカン半島に存在する中世の教会の中でも最大のものです。修道院内部のほぼ全てに、1000人を超える聖人がビザンチン壁画が描かれています。 また14~17世紀の作品も保存され、デチャニ修道院は、ビザンチンと西欧の伝統が見事に融合しています。

関連するモデルツアー一覧

ピークス・オブ・ザ・バルカンズ トレッキングツアー後半 国境を歩いて越える【添乗員同行】

ピークス・オブ・ザ・バルカンズは、旧ユーゴスラビアのコソボ+モンテネグロ+アルバニア3国の国境地帯を歩く全長約192kmの周回トレイル。本ツアーは、そのロングトレイルを2回に区切った後半のトレッキングツアーです。山中はゲストハウス泊で、ローカルフードの美味しい食事つき。

ピークス・オブ・ザ・バルカンズ トレッキングツアー前半 国境を歩いて越える【添乗員同行】

ピークス・オブ・ザ・バルカンズは、旧ユーゴスラビアのコソボ+モンテネグロ+アルバニア3国の国境地帯を歩く全長約192kmの周回トレイル。本ツアーは、そのロングトレイルを2回に区切った前半のトレッキングツアーです。山中はゲストハウス泊で、ローカルフードの美味しい食事つき。