ヴァルジアの洞窟住居跡

モンゴル軍の防衛のため、12世紀にタマラ女王によって要塞として建設された、非常に大きな洞窟の複合体で、かつて3,000の洞窟に5万人の人々が住んでいたといわれています。13世紀の地震や16世紀のサファヴィー朝による破壊に耐えて、800年経った今も岩に描かれたフレスコ画はまるで当時のままのように美しく残っており、今でも修道院として使われています。

関連するツアー一覧

コーカサス

ジョージア満喫 塔の家の経つ世界遺産スワネティ地方と秘境ヴァルジアも訪れる 11日間

グルジア軍道だけでなく、搭状の家が建ち並ぶ世界遺産スワネティ地方のメスティア、さらに奥のウシュグリも訪れます。訪れにくくも見ごたえ十分のヴァルジア遺跡や、クタイシ、テラヴィなどジョージア(グルジア)の観光地を網羅し、ホームステイ、専用車、ガイド、食事までセットになった充