トビリシ(ティフリス)

街の起源は5世紀に遡ります。ある日、タカ狩りをしていたゴルガサリ王に撃たれたキジは温泉に落ちました。おかげで奇跡的に傷が癒え、鳥は飛び去りました。感動した王は温泉の周りに新しい首都を建てる事を決め、トビリシ(グルジア語で「温かい」の意)と名付けました。
ヨーロッパとアジアの交差点にあるこの街は、多民族、多文化、多宗教の街です。旧市街で迷子になるのも楽しい思い出となることでしょう。

関連するツアー一覧

コーカサス

ジョージア満喫 塔の家の経つ世界遺産スワネティ地方と秘境ヴァルジアも訪れる 11日間

グルジア軍道だけでなく、搭状の家が建ち並ぶ世界遺産スワネティ地方のメスティア、さらに奥のウシュグリも訪れます。訪れにくくも見ごたえ十分のヴァルジア遺跡や、クタイシ、テラヴィなどジョージア(グルジア)の観光地を網羅し、ホームステイ、専用車、ガイド、食事までセットになった充