ホレズ修道院【世界遺産】

17世紀末に領主コンスタンティン・ブルンコヴェアヌにより建てられたルーマニア正教の修道院で、ルーマニアの伝統とバロック様式が融合した独創的な造りは、彼の名を冠し「ブルンコヴェアヌ様式」と呼ばれます。主聖堂の周りには十字を描くように4つの聖堂が隣接しており、教会内部のフレスコ画や展示品も興味深いものがあります。

関連するツアー一覧

バルカン半島

ルーマニア満喫 5つの修道院や世界一陽気な墓サプンツァなど 9日間

西ヨーロッパでは薄れてきた古き良きヨーロッパの雰囲気が漂うルーマニア。人気のドラキュラゆかりのブラン城だけでなく、行きにくい北部の世界遺産・5つの修道院めぐりや、サプンツァの世界一陽気なお墓など、ルーマニアをじっくり巡るプランです。空港到着から出発まで現地ガイドが同行か

オーダーメイドのため、お問い合わせください