フヴァル島【世界遺産】スタリー・グラード平原

スプリットの沖合にある東西の長さ約80kmの島で、紀元前4世紀頃からの古い歴史があります。日照時間の長さから「ヨーロッパ一日光のあたる場所」として観光が主産業ですが、別名「ラベンダーの島」といわれるほどその栽培も盛んです。
島の北西部にあるスタリー・グラードは、アドリア海の島々の中でも最古の集落の一つで、2008年に世界遺産に登録されました。

関連するモデルツアー一覧

バルカン半島専門店で行く初めてのクロアチア・スロベニア+ボスニア+モンテネグロ6日間【添乗員同行 or 個人旅行】

初めてのスロベニア・クロアチアや、バルカン半島・旧ユーゴの旅ならこれ!人気の2カ国に加え、通常、オプショナルツアーで訪れることの多いボスニアのモスタルと、モンテネグロのコトルもあらかじめ行程に含まれた、一筆書きで無駄のないゴールデンルートの4カ国1週間ツアー!。バルカ

2024/09/20発 ¥548,900
※日本発着の航空券代金は含みません

チトーゆかりの地を巡る!マニア向けこだわりの旅

旧ユーゴスラビア終身大統領JosipBrozTitoに関連のあるスポットをまわります。歴史に興味がある方におすすめです。弊社お勧めのチトーゆかりの地6箇所を組み入れた9日間のプランです。プリトヴィツェ国立公園やドブロブニクなど、メジャーな観光地をめぐるご旅行とは

オーダーメイドのため、お客様のご希望により料金が異なります