トリャヴナ

トリャヴナ川渓谷の中にあり、織物産業と民族復興時代の典型的な建築で知られ、140の文化的遺産、博物館、展示施設があります。当時、町では工芸が大きく発達し、家々はそれぞれ独自のデザインで建築されました。地上階は特殊な形をしており、工芸職人と交易商人が居住し、上階は木製の張り出し窓を持っており、屋根は整形された石によって覆われています。

トリャヴナで最も人が訪れる博物館のひとつが、1808年に建てられたダスカロフハウスで、美しい天井装飾、有名な木彫りの太陽を目にできるとともに、この家は木工製品とイコンの博物館になっています。

関連するモデルツアー一覧