トロヤン僧院

聖母の昇天を祝う聖地トロヤン僧院は、リラ・バチコヴォに次いでブルガリアで第3の規模を誇る僧院です。 伝説によれば5世紀以前に建設されたともいわれておりますが、繁栄を極めたのは時を経た17世紀頃。
僧院に残る最古の教会の名残は今や石の玉座のみになっています。3つの銀の手を持つ聖母のイコンは、ブルガリアの正教会の聖なるシンボルとしてあがめられています。

関連するモデルツアー一覧