ボヤナ教会【世界遺産】Boyana

ソフィア郊外に建つブルガリア正教会の教会で、創建は10世紀後半~11世紀初頭ですが増築・拡張され、現存する形が完成したのは19世紀半ばと言われています。13世紀のフレスコ画が有名で、東欧中世美術の中でも最も保存状態の良いものといわれています。1979年には、ユネスコの世界遺産に登録されました。

関連するツアー一覧

バルカン半島

ブルガリア エステ&世界遺産めぐり 7日間

ローズオイルの産地として知られているブルガリア。実はアイスランドに次いで世界で2番目に温泉の多い国でもあります(約600)。そんなブルガリアではエステも盛ん。ローズオイルを使ったマッサージやバスタイムは勿論のこと、チョコレートマッサージやハチミツマッサージなどもあります

¥:オーダーメイドのため、お問い合わせください

バルカン半島

ブルガリア ヨーグルト祭りと6つの世界遺産 7日間

ブルガリアといえばやっぱりヨーグルト!7月下旬には「ヨーグルト祭り」が開催されます。この祭りでは、伝統的なヨーグルトが食せるだけでなく、民族舞踊等のアトラクションも披露されます。その他の観光も充実!ブルガリアの魂リラの僧院など6つの世界遺産を訪れます。管理番号:

オーダーメイドのため、お問い合わせください