ショプロン

ハンガリー最西端、オーストリアとの国境の街で、オスマン帝国の攻撃を免れたため、中世の面影がよく残っています。街のシンボルである「火の見塔」の入口には「忠誠の門」があり、この門を手を繋いでくぐると永遠の愛が成就するといわれていることから、別名「恋人たちの塔」とも呼ばれます。 ピアノの魔術師リストが9歳の時に初の演奏会を行った街でもあり、郊外にはエステルハージ宮殿があります。

関連するツアー一覧