プラハ【世界遺産】

街の中心をヴルタヴァ(モルダウ)川が流れ、その西岸にはプラハ城、カレル橋を渡った東岸には旧市街・新市街が広がり、多くの塔が建ち並ぶ景観から「百塔の街」と称されています。また、戦争による崩壊を免れたため、ロマネスク建築からゴシック、ルネッサンス、バロック、アールヌーヴォーといった様々な建築様式が並ぶ「建築博物館の街」ともいわれています。

関連するツアー一覧