カルルシュテイン城

14世紀にボヘミア王かつ神聖ローマ皇帝カレル4世によって建てられ、王家の住居として、また、その財宝や聖遺物して使用されていました。美しい装飾の他に際立つのが、各建物の重要度によって段階的に配置された城の構成です。城の一番下には「城伯の城」と当時の井戸があり、その上には王の寝室、従臣と貴族の寝室がある二階立ての「皇帝の城」、さらに上の階から祈祷所を付設した聖マリア小塔が上空にのびています。城の最も高い地点には堂々とした大尖塔がそびえており、ここにボヘミア王家の財宝が保管されていました。

関連するツアー一覧