カルロヴィ・ヴァリ

カルロヴィ・ヴァリは14世紀中ごろ、ボヘミア王かつ神聖ローマ皇帝カレル4世が、鹿狩り中に源泉を発見したのが始まりと言われています。その「カレルの温泉」という意味のカルロヴィ・ヴァリは、チェコ国内でも最大規模の12の源泉からなり、他の2つの温泉街、フランチシュコヴィ・ラーズ二ェと、マリアーンスケー・ラーズ二ェの3都市で三角形を描いているため、「温泉三角地帯」と呼ばれています。

関連するツアー一覧