ナヒチェヴァン

ナヒチェヴァンは、アルメニアによってアゼルバイジャンの主要地域から離れた飛地にあり、アゼルバイジャン本土とは空路でのみ結ばれているため、「地政学的な秘境」ともいわれます。
町の歴史は非常に古く紀元前8~7世紀にまで遡り、プトレマイオスの天動説の中で、初めてナクスアナという名前で言及されている一方、近代では2代に渡り大統領を輩出しているアリエフ一族の拠点として、政治面でも強い影響力を持っています。
土地の多くは非常に乾燥した山地で、多くの塩埋蔵を含んでいるといわれています。

関連するツアー一覧