Home > 南米 > ペルー

ペルー

ペルーは、南アメリカ西部に位置し北にコロンビア、北西にエクアドル、東にブラジル、南東にボリビア、南にチリと国境を接する共和制国家です。西は太平洋に太平洋、中央部はアンデス山脈、東部はアマゾン上域と似たような風土・気象条件をもち、登山、トレッキングから、ダイビング等多様なアクビティーを体験できます。

多くの文明が紀元前より繁栄しており、マチュピチュを遺したインカ帝国や、ナスカの地上絵を代表とするアンデス文明など、世界的にいまなお注目される世界遺産の宝庫で、インカ帝国の文化の多くを現在に継承した先住民族も多く生活しています。
日本との関わりも深く、多くの日系人の活躍や、フジモリ元大統領の名は記憶にあたらしいことでしょう。

多くの観光地が標高3,000m以上に位置しているため、高山病対策として、無理の少ない旅程及び現地での行動をお勧めします。万が一高山病になってしまった場合は無理をせず休息、酸素補給を試みましょう。最悪の場合は高度を下げる≒旅程変更を余儀なくされます(反対に高度さえ下がれば症状は回復されます)。

世界遺産登録(10ヶ所):
文化遺産/クスコ市街、チャビンの考古遺跡、チャン・チャン遺跡地帯、リマ歴史地区、ナスカとフマナ平原の地上絵、アレキパ市の歴史地区、神聖都市カラル=スーペ

自然遺産/ワスカラン国立公園、マヌー国立公園
複合遺産/マチュ・ピチュの歴史保護区、リオ・アビセオ国立公園

ペルー共和国基本情報 | ペルーを含むツアー例はこちら

面積 129万平方キロメートル(日本の約3.4倍)
人口 3,000万人
首都 リマ
時差 日本より14時間遅れ(サマータイムなし)
言語 主にスペイン語(公用語)、他にケチュア語、アイマラ語など
宗教 人口の約90%がローマ・カトリック
ビザ 観光目的での滞在ならビザ不要。旅券は入国時に残存6ヶ月必要
気候 年間を通じての寒暖の変化は少ないが、標高が高いので一日の気温変化が激しい。11月~4月上旬が雨季、午後の時間帯の降雨が多くなる。乾期は6~9月。

みどころ(観光地情報)|★=世界遺産|写真はクリックすると拡大されます

マチュ・ピチュ遺跡★

クスコ★

聖なる谷

プーノ・チチカカ湖

リマ★

ナスカ★

バジェスタス島

アレキパ★

コルカ渓谷

カラル遺跡

トルヒーヨ

Topへ戻る

ペルーを含むツアー例

あなただけのオリジナルなペルー旅行を一緒にお作りいたします。お気軽にお問合せください。

その他の南米ツアー例はこちら

Topへ戻る

ご相談・お問い合わせ

  

ペルー地図
クリックで拡大します

ペルー観光地情報
★=世界遺産


南米 各国情報

南米ツアー例

関連書籍



ESTA エスタ
エルモンテジャパン



facebookでお得情報配信中

世界のおみやげ屋 宅配