Home > 南米 > チリ

チリ

チリは、南アメリカ南部に位置し東にアルゼンチン、北東にボリビア、北にペルーと隣接している共和制国家です。インカ帝国の中心国家であったペルーと国境を接するも、北部の一部を除きその支配下に入った事はありませんでしたが、16世紀のスペインの征服には屈服、その植民地となりました。
人口は国土(日本の約2倍)に比較して非常に少なく1,700万人程度、隣国のアルゼンチンと同様に人口はヨーロッパ(主にスペイン)よりの移民であり95%が白人です。
国土は南北4,630kmと非常に長く、西は太平洋に面しモアイ像で知られるバスクア(イースター)島、東はアンデス山脈、北部にはアタカマ砂漠、最南部は氷河や南極圏と多様な環境を有しています。登山・スキーからダイビングまで幅広いアクティビティーを体験出来ますが、寒流地帯となるため海水浴には適しません。近年は観光産業にも力を入れており、イースター島やパタゴニア以外にも、ビニャ・デル・マールなどの南欧風リゾートも開発されています。
世界遺産登録(5ヶ所):
文化遺産/ラパ・ヌイ国立公園、チロエの教会群、バルパライソの海港都市の歴史的街並み、ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群、スウェルの鉱山都市

チリ共和国基本情報 | チリを含むツアー例はこちら

面積75.6万平方キロメートル(日本の約2倍)
人口1,700万人
首都 サンチアゴ
時差チリ本土:日本より12時間遅れ
イースター島:日本より14時間遅れ
2015年1月より、サマータイムはなくなり、通年上記の時差となります。
言語主にスペイン語(公用語)
宗教人口の90%がローマ・カトリック
ビザ観光目的で1回の滞在期間は90日まで滞在ならビザ不要。旅券は帰国時まで有効なものが必要
気候中部は温暖で日本のような四季がある。南部パタゴニア地方の気候は厳しく夏(10月~3月)でもしっかりとした装備が必要、特に風が強い日が多い。イースター島は年間を通じて温暖な気候だが、雨期に訪れる際は雨具は必須。

みどころ(観光地情報)|★=世界遺産|写真はクリックすると拡大されます

サンチアゴ / Santiago de Chile

cl_santiago01cl_santiago04アンデス山脈に囲まれた標高約520㎡に開けた盆地に広がるチリの首都です。歴史的建造物の残る旧市街や街を一望できるサンクリストバルの丘、ワイナリーなどの観光がおすすめです。また、古代の歴史から現代美術まで様々な博物館・美術館があり、「ミュージアムシティ」とも言われます。

イースター島|★ラパ・ヌイ国立公園 / Easter Island

cl_easterisland09cl_easterisland07モアイ像で有名なチリ本土から西へ約3700km、タヒチから東へ約4,000kmの太平洋上に位置する絶海の孤島。スペイン語での正式名称はイスラ・デ・パスクアです。島の広さは北海道の利尻島とほぼ同じくらいで、島全体が、ラパ・ヌイ国立公園(「広い大地」の意味)として国立公園であり、1995年に世界文化遺産に登録されました。

トーレス・デル・パイネ国立公園 / Parque Nacional Torres del Paine

cl_paine01cl_paine04アルゼンチンのロス・グラシアレス国立公園に接して広がる約2,272平方kmの国立公園で、険しい岩山・氷河・森林・湖など荒涼としたパタゴニア独特の風景が広がります。園の名前でもある「トーレ」とは塔の意味で、その名の示す通り3つの岩峰が印象的です。園内の最高峰は標高3050mのパイネ・グランデで、2位は2,850mのトーレス・デル・パイネ(パイネの塔)のデアゴスティン峰です。トレッキングや乗馬、ボートで巡るなど様々な楽しみ方が出来ます。

マーブルカテドラル / Marble Cathedral

cl_marblecathedral01cl_marblecathedral02チリ最大の湖、ヘネラル・カレラ湖にあるマーブル模様の洞窟です。湖岸の炭酸カルシウムの含有量の多い岩がカテドラル(大聖堂)のような不思議な形に侵食されたことにより出来ました。美しい模様は水色に輝く湖の反射によって浮かび上がり、曲線を描く天井と繋がりそうな絶景を生み出しています。プエルト・トランキーロからボートで行き、水の水位が高くない場合は、小舟などで岩の下部に入ることが出来、美しい風景をご覧いただけます。

チロエ島★ / Isla Grande de Chiloe

cl_chiloe01cl_chiloe02 プエルト・モンの南西に浮かぶ石川県くらいの広さの島で、歴史的・文化的にもチリ本土とは異なるこの島にはイエズス会修道士たちの遺したチロエ様式の159棟もの木造教会が立ち並んでいます。最古のものはアチャオ教会で、16の建物が2001年に世界文化遺産に登録されました。新鮮なシーフードが安く食べられることも魅力です。

アタカマ砂漠 / San Pedro de Atacama

cl_atacama06_almacl_atacama01アンデス山脈と太平洋の間・平均標高約2,000mにあり、南北約1000kmに渡る細長い盆地型高地砂漠。一体には、月の谷・死の谷・タティオ間欠泉群・アタカマ塩湖・ミスカンティ湖・ミニケス湖など数々の見所があります。世界でも降水量の少なく乾燥した地域として知られ天体観測所も多く、世界最大の電波望遠鏡・アルマもあります。

ビクーニャ近郊・トロロとママリューカの天文観測所 / Vicuna, Cerro Tololo, mamalluca

cl_vicuna_pisco01cl_tololo01サンチアゴから北へ約470kmのビクーニャ近郊には、晴天率と俯瞰に恵まれた南半球最大のトロロの天文研究所や、一般に開放されており誰でも望遠鏡での天体観測が楽しめるママリューカの観測所などがあります。起点となるのはラ・セレナの町で、これら2つの町にはブドウから作られる蒸留酒ピスコの工場があり見学もできます。

バルパライソ★ / Valparaiso

cl_valparaiso01cl_valparaiso02サンチアゴの西約120㎞にあるチリ第2の都市で、16世紀にスペインの植民地となりバルパライソ(「天国の谷」の意味)と名付けられました。独立後はチリ海軍の拠点や貿易港となり、今では国会議事堂も置かれています。港を中心として急斜面に住宅が建てられ、迷路のように入り組んだ歴史のある街並が世界遺産に登録されています。

Topへ戻る

チリを含むツアー例

下記は一例です。このままでご旅行いただくもよし、様々なアレンジを加えて、あなただけのオリジナルなチリ旅行にすることも可能です。

  • イースター島 サンチアゴ発着

    cl_easterisland08

    太平洋にぽっかりと浮かぶ孤島イースター島。現地語でラパ・ヌイといわれるこの島は、モアイが建ち並ぶ不思議な景色で有名です。チリのサンチアゴからのプランです。

その他の南米ツアー例はこちら

Topへ戻る

ご相談・お問い合わせ

  

チリ地図
クリックで拡大します

チリ観光地情報
★=世界遺産


南米 各国情報

南米ツアー例

チリ関連書籍

ESTA エスタ エルモンテジャパン facebookでお得情報配信中 世界のおみやげ屋 宅配 トラベルカレンシーカード