ローカル・フード

マングローブ蟹

マングローブに生息する蟹で、生きている間は黒いのですが、茹でると甲羅が真っ赤になります。甲羅はとても固いので、叩いて割ります。身やミソがぎっしりつまっており、食べ応えがあります。コスラエのご馳走です。

コスラエ・スープ(サンデー・スープ)


日曜日に食べるコスラエ伝統のスープです。ココナツとお米がベースで、魚も入って甘しょっぱく、雑炊の様でもあります。コスラエに行ったら一度は食べてみてほしい一品です。

タンジェリン

1920年初頭に、日本からコスラエに渡ったとされるミカンの一種です。ミカンといっても外見は緑色で、果実はグレープフルーツのような色をしています。酸味がありジューシーで、みかんとグレープフルーツの中間のようなフルーツです。ミクロネシアで柑橘類が取れるのはコスラエだけで、周辺地域に輸出されています。

パンの実・ブレッドフルーツ

焼いても蒸しても、チップスにしても美味しい、伝統的な食べ物です。その名の通り、蒸すとパンのようにふんわりしっとりとしています。

レラ・ウォーター

年間降雨量5,000mと、世界でも有数の多雨地域コスラエの、自然の恵みをいかした天然水です。レラ遺跡を象徴する6角柱のペットボトルに入っており、容器越しに見えるシールの柄もお洒落です。
→現在、製造を一時休止しています。

ココナッツアイス

シャーベットに近く、果肉たっぷりで地元の子供に大人気です。商店に置いてあるコスラエB級グルメの代表です。

ウム・伝統的蒸し焼き


地面に熱した石を置き、その上にやしの葉などで包んだ魚・イモ類などの食材を載せます。さらにその上から葉を乗せて熱を閉じ込めて蒸し焼きにする、ミクロネシアの伝統的な調理方法です。

はみだし情報/所変われば食べ方変わる!?

・お刺身が豊富なのは嬉しい限りなのですが、コスラエの人々は、醤油に多量のレモンまたはライムを絞ったものをつけて食べます。
・ノーティラスレストランのラーメン。大きな器に湯と麺、その上に具が沢山乗って提供されますが、なぜか粉末スープは入っておらず、袋のまま添えられています。ラーメンというより薄味スープパスタのようです。

Topへ戻る

ご相談・お問い合わせ

  

コスラエの食べ物

コスラエについて

コスラエ関連サイト

東南アジア・西ヨーロッパ・北欧・アメリカ・カナダ・ハワイへのご旅行は…