Home > コーカサス > ジョージア(グルジア)

ジョージア(グルジア)

ジョージア(グルジア)は、アルメニアと並び、世界で最初にキリスト教を国教とした国です。多くの教会や修道院は勿論、万年雪を抱くコーカサス山脈、渓谷、森林、洞窟住居、亜熱帯の黒海沿岸など、地方によって様々な景観を目にできます。また、長寿の国、ワイン発祥の地、ホスピタリティの国としても知られています。
※2015年04月22日より、日本政府としての国名呼称が「グルジア」から「ジョージア」に変更されました。外務省発表

ジョージア(グルジア)(現地名:サカルトヴェロ)基本情報 | ジョージアを含むツアー例はこちら

面積69,700平方Km(北海道よりやや狭い)
人口420万人
首都トビリシ(約126万人)
時差日本より5時間遅れ
言語グルジア語。他にはロシア語の通用度が高い
宗教主にグルジア正教。他にはイスラム教・ユダヤ教・ロシア正教など
ビザ観光目的で1年以内の滞在ならビザ不要。旅券残存は入国時6ヶ月以上
気候内陸部は大陸性気候、北部山岳地方は高山気候。黒海沿岸は温暖湿潤気候で、冬でも比較的暖かい。旅行のベストシーズンは4~10月。山岳地方は6~8月がおすすめ。
その他詳細はこちら

みどころ(観光地情報)|★=世界遺産|写真はクリックで拡大します

トビリシ(ティフリス) / Tbilisi

街の起源は5世紀に遡ります。ある日、タカ狩りをしていたゴルガサリ王に撃たれたキジは温泉に落ちました。おかげで奇跡的に傷が癒え、鳥は飛び去りました。感動した王は温泉の周りに新しい首都を建てる事を決め、トビリシ(グルジア語で「温かい」の意)と名付けました。ヨーロッパとアジアの交差点にあるこの街は、多民族、多文化、多宗教の街です。旧市街で迷子になるのも楽しい思い出となることでしょう。

ウシュグリ、メスティア:スワネティ地方 ★ / Ushguli, Mestia, Svaneti

スワネティとは、スワンの地という意味で、コルキス王国の一部と考えられていました。何世紀もの間、険しい山々が外界を遮断し、独自の文化・伝統、独立不羈の気風を育みました。この地方で見られる塔状の家は、「血の復讐」に由来するもので、これは、家族の一員が侮辱されたり危害を受けると、一族を挙げて、その相手か相手の一族に復讐をしなければならないという掟です。塔状の家は、こうした復讐から身を守るため、長期間立てこもれるような作りになっています。また、標高2,300mと、ヨーロッパでも最も高い定住地でもあります。

グルジア軍用道路 / Militaly road

トビリシからロシアのウラジカフカスに至る全長約200Kmの道路。19世紀初頭のロシアによるグルジア併合を機に建設され、プーシキンやレールモントフといった文学家の作品にも度々登場しています。その美しい景色、トビリシからのアクセスのしやすさで、ぜひとも押さえたいところです。(写真はルート上にある、ジンヴァリダムを背にして建つ17世紀築のアナヌリ教会)

ムツヘタ ★ トビリシから北へ約20Km・30分 / Mtskheta

アラグヴィ川とムトゥクヴァリ川の合流点にある街。紀元前3~5世紀には古代イベリア王国の都でした。4世紀にキリスト教を国教としてからは、グルジア正教の総本山となり、今もなお精神文化的中心の感があります。グルジア軍道の通過点でもあり、ジュヴァリ大聖堂、スヴェティ・ツホヴェリ大聖堂など一連の歴史的建造物、町全体の景観はユネスコの世界遺産に登録されています。

グダウリ・十字架峠 / Gudauri

グダウリはスキーリゾートとして有名で、宿泊設備も整っています。十字架峠(ジュヴァリパス)は、グルジア軍道中の最高地点で、標高2,395m。ジュヴァリとはグルジア語で十字架の意味で、11世紀、ムスリムの多いオセチアとの境界を示す意味で、木の十字架が立てられた事が始まり。

ステパンツミンダ(カズベギ) / Kazbegi

テルギ川沿いのグルジア軍道のグルジア側最後の町で、周辺のトレッキングの起点ともなります。見上げると、クヴェミ・ムタ山とその上に建つトリニティ教会(ツミンダ・サメバ教会)や、万年雪をかぶったカズベギ山などが目に入り、その美しさに思わずため息が出ます。夜には満天の星空も楽しめるでしょう。

シャティリ / Shatili

大コーカサス山脈の北斜面にあるシャティリ村には、60以上の塔状の家が連なってできた城塞があり、独特の景観が楽しめます。この建物は現在、宿泊施設として利用されています。周辺の松林、深い峡谷や峰々、塔状の家のある村などは国立公園に指定されています。

テラヴィ・カへティ地方 / Telavi

ジョージア(グルジア)東部のカヘティ地方は、ワインの産地として有名で、少なくとも7,000年の歴史があるそうです。テラヴィはそのカヘティ地方の中心の町です。しかし、割とこじんまりとしており、見どころであるアラベルディ大聖堂やグレミ修道院などは、いづれも町から約10km程度離れています。ホームステイをして、世界でも有名なジョージア(グルジア)のおもてなしの心、美味しい自家製ワインと郷土料理を楽しみたい土地です。

オマロ / Omaro

こちらもコーカサス山脈北側山間部の村で、周辺はトゥシェティ国立公園です。塔状の家も残っています。オマロへの道はグルジア軍道よりも未整備の山岳ルートで、4WDでしかアクセスできません。ですが、道中の景色は息を呑むほどに雄大で美しいです。チェチェンゲリラで知られるパンキシ渓谷はこのあたりです。

ゴリ / Gori

町の起源は12世紀で、バグラト朝のダヴィト・アグマシェネベリ(建設王)が、アルメニア人などを住ませた事に端を発します。今日ではスターリンの生誕地として知られ、町の中心の広場には今でもスターリン像が立っています(無くなったとの情報有り)。スターリン博物館や彼の生家もあり、ここでは今でも彼を英雄として誇りに思っていることが伺えます。町から10kmほど東には、洞窟住居跡ウプリツィヘがあります

ボルジョミ / Borjomi

グルジアで最も有名な保養地で、天然水「ボルジョミ」の産地としても知られています。19世紀中ごろに、帝政ロシアの総督により西欧風の保養地として開発されました。この町は、ボルジョミ・ハラガウリ国立公園は、約700平方Kmもの広さを持ち、手付かずの自然が残り、トレッキング等も楽しめます。

ヴァルジア、ウプリスツィへ / Vardzia, Uplistsikhe

ジョージア(グルジア)には数多くの洞窟住居跡があります。ヴァルジアはモンゴル軍の防衛のため、12世紀にタマラ女王によって要塞として建設されました。6,000以上の住居、10以上の教会、さらには棚田や灌漑施設まであり、一時は数万の人口を擁したとされますが、13世紀の地震で半分以上が壊れ、16世紀にはサファヴィー朝により破壊されてしまいました

クタイシ ★ / Kutaisi

世界遺産のバグラティ大聖堂や、素晴らしいフレスコ画のあるゲラティ修道院への起点となる町です。ジョージア(グルジア)第2の都市であり、街中には賑やかなバザール、丘の上の公園(小遊園地あり)など、街歩きも楽しめます。

バトゥミ / Batumi

トルコとの国境から約15Km、ジョージア(グルジア)南西部の町で、アチャラ自治共和国の首都でもあります。温暖な気候で保養地としても人気です。古代ギリシャ時代からの天然の良港で、帝政ロシア時代にはバクーからの石油の積出港として大いに栄えました。右の写真はアチャラ風ハチャプリ(チーズパイ)です

ダヴィトガレッジ / Davit Gareja

ジョージア(グルジア)南部、アゼルバイジャンとの国境に近い、荒涼とした半砂漠地帯に点在する6世紀からの洞窟修道院跡。岩山をカモフラージュのように利用して修道院が作られています。12~13世紀の最盛期は、1万人以上の修道僧がいました。しかし13世紀にはモンゴル軍、17世紀初頭にはペルシャ軍の攻撃を受け破壊され、さらにソ連時代には閉鎖され、射撃訓練の的とさえされました。グルジア独立頃から活動を再開。洞窟内部には貴重なフレスコ画が残っています。周辺はトレッキングコースとしても楽しめます。

Topへ戻る

ジョージア(グルジア)を含むツアー例

下記は一例です。このままでご旅行いただくもよし、様々なアレンジを加えて、あなただけのオリジナルなセルビア旅行にすることも可能です。

  • ジョージア トレッキング i n カズベギ + スワネティ 10日間

    ge_juta01

    ジョージア山岳地帯で人気の2地域である、グルジア軍用道路の奥のステパンツミンダ(カズベギ)と、搭状の家が建ち並ぶ世界遺産スワネティ地方のメスティアやさらに奥のウシュグリも訪れ、トレッキングを楽しみます。トビリシとクタイシの観光もあり、専用車、ガイド、食事までセットになった充実のプランです。

その他のコーカサスツアー例はこちら

Topへ戻る

ご相談・お問い合わせ

  

ジョージア(グルジア)日本語ガイドブック

グルジア 日本語ガイドブック

ジョージア(グルジア)地図
クリックで拡大します

ジョージア(グルジア)観光地情報
★=世界遺産

コーカサス 各国情報

コーカサスツアー例

ジョージア(グルジア)関連書籍


エルモンテジャパン facebookでお得情報配信中 世界のおみやげ屋 宅配 トラベルカレンシーカード